全国の軽作業・工場・製造業のお仕事情報を掲載している求人サイト

工場・製造業の求人・お仕事探し

株式会社エフエージェイ株式会社リトルシーズサービス

お仕事紹介の予約

menu

menu

menu

体験談・コラム

体験談・コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食品製造業の志望動機の書き方のポイントと注意点

食品製造業のお仕事は、男女や年代の垣根を超えて人気がある仕事のひとつではないでしょうか。そのジャンルもパンやパスタ、冷凍のお惣菜やスイーツまで幅広く、選択肢が豊富なのが特徴です。同様に食品を取り扱う仕事として代表的なものに販売や接客などの業種もありますが、製造の場合は一般的に工場での勤務となるため、直接お客さんと積極的なコミュニケーションを取る必要がないのも魅力のひとつです。

「食品製造業に従事したい!」そう考えた時に、まず必要となるのが履歴書でしょう。人気の仕事のため、履歴書の出来・不出来で採用を見送られてしまうことも実際にあります。そこでこの記事では、食品製造業に就きたいと考えた時に効果的な履歴書の書き方をレクチャーします。食品製造業ならではのポイントもあるので、お見逃しなく!

食品製造業の仕事内容とは

食品製造工場で行われていること。それは、食品が安心・安全に世の中に流通するための仕事がメインと言っても過言ではありません。まず、材料を機械に入れて調理する業務。次に、完成した食品の盛り付けとパッキング。そして、食品の仕分けなどがあります。
食の安全がとくに重視されている昨今、いずれの業務においても衛生面にはとくに留意することが徹底されています。
とは言え、一つひとつの業務は単純作業であることが多く、とくに経験や技術などを求められることもないので、たとえ初心者であっても業務を覚えやすいのが特徴です。
ただし、食品は意外に重量があり、業務内容によっては力仕事も発生するということを心得ておきましょう。
また、スイーツなどの生ものの場合は賞味期限もあるので、出荷数によっては残業をやむなくされることもあります。

食品製造工場で働きたい! 「通過する」履歴書の書き方のポイント

食品製造工場によっては年齢も高校生からシニアまで、未経験可、ということも多々あるので、それだけトライしようとする方も多いものです。慣れてしまえばさほど辛い仕事でもないため、なかなか人が辞めにくい、というのが、新たに食品製造工場での勤務を目指す方にとってはネックのひとつです。

勤務形態もアルバイト・パートから、派遣社員までさまざま。それゆえに、第一関門である履歴書が重要となってきます。求人を見るとよく「食べ物が好きであればOK」などといった記載がありますが、果たしてそれだけで良いのでしょうか? こちらのコーナーでは、書類を通過するための、食品製造業ならではの理想の履歴書の書き方をレクチャーします。

志望動機の「イイね!」ポイント

1.「料理、食べることが好き!」

もちろん食品製造工場で働きたい、という方のほとんどは、食に興味がある、ということではないでしょうか。そこで担当者に印象付けるためには、「なぜ食に興味があるのか」という点がもっとも重要です。食に興味を持ったきっかけやこれまでの経験を追加することで、印象がグンとアップします。
たとえば、主婦(主夫)の方で日頃から料理をしている方ならば、子どもがいるので食の安全に興味を持った、そうでない方なら昔飲食店でアルバイトをしていて料理が好きになった、食べ歩きが趣味、普段口にしている食品がどのように製造されているのか興味がある、そんな些細なことでも構わないでしょう。「なぜ」をしっかりと記載するようにしましょう。

2.「体力に自信がある」

全般的に立ち仕事が多い工場の仕事では、体力勝負なところもあります。食品製造工場も然りで、業務内容によっては立ち仕事のほか重いダンボールを運んだり、体力を消耗するシーンが多々あります。それをアピールするだけでも、即戦力として認識されるはずです。

3.「食を通じて地域に貢献したい」

近所で働きたい、というのがメインの志望動機であっても、それは添える程度にして、食を通じて自らが住んでいる地域に貢献したい、というのは立派な志望動機です。食の仕事をしたいだけではなく、地域への貢献も考えてくれているのだなあと担当者の好感度もグンとアップします。

志望動機のNGポイント

もちろん、志望動機のNGポイントもあります。それはズバリ、「誰でも言えること」。オリジナリティがないと、担当者の胸には響きません。その代表的なものに、「製品が好き」というフレーズがあります。これはどんな仕事においても共通のNGポイントですが、そんなことを書かれても担当者にとっては「ああ、またか」とスルーされるだけ。逆にあなたが担当者だとして、「製品が好き」と書いてあっても「それで?」となりませんか? 「なぜ」好きなのか、それに対して自分がどう貢献できるのかをハッキリさせましょう。

次に、「これまでの経験を活かして~」というもの。食品製造工場での就業においては、これまでのキャリアなどほとんどと言っていいほど重視しません。逆に「そんなキャリアがあるのならウチでなくとも……」「すぐ辞めてしまうのではないか」などといった不安材料にもなりかねません。

人気の食品製造業。確実に通過したいのなら、志望動機が肝心!

老若男女に人気の食品製造工場での勤務。それだけに採用率はほかの工場よりも低めというのが現状です。これを打破する鍵は、履歴書の志望動機にこそアリ!
しっかりと「求める人物像」などを把握しつつも、自分らしい志望動機を記入することが食品製造工場で就業するための第一歩と言えるでしょう。これは、面接時も然り。いくら履歴書がパーフェクトの出来であっても、面接時の受け答えでブレてしまったら、通過するものも通過しません。面接時も含めて事前にしっかりシミュレーションして、内容を固めた上で、オリジナルな志望動機の作成に努めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ登録会に応募する

関連記事

コラムトップに戻る

ピックアップ記事

  1.  梱包の仕事のメリット 近年では、ネット通販にてショッピングを楽しんでいる方が急増しています。それ…
  2.  工場の求人の選び方 求職者や転職者の中には工場で働きたいと思われる方も多いのではないでしょうか。…
  3.  工場の仕事はメリットがいっぱい 世の中には様々な仕事がありますが、その中でも体を動かして働くこと…

最新の投稿:工場求人の概要と働き方

上に戻る

上に戻る